技術協力

コンクリート廃材からの再生骨材製造システムの海外事業展開支援(その2) new!

2021年7月

技術協力部長 麻原伴治、部長専門員 江本寛

第1回公開セミナー開催(2020年1月)


タイ国におけるJICA中小企業海外展開支援/案件化調査として、2019年11月〜2020年1月に第2回、第3回の現地渡航・調査を行いました。

主な実施内容として;

➀提案企業・星尊挙a提供の試験装置によるコン廃よりの再生骨材製造、A再生骨材を利用したコンクリート特性評価の依頼先大学との内容確認、Bセミナー開催や普及・実証事業時のキーとなるカウンターパートの確認及び実証設備建設に関する情報収集、等の推進を支援しました。

これまでに得られた主な知見は;

➀タイのコン廃より製造した再生骨材は、JIS規格を十分満足するレベルであり、
A再生骨材を使ったコンクリート性能(材齢強度や耐久性能)は天然骨材使用のコンクリート性能と大差はない事です。

更に、B2020年2月にタイ国における再生骨材のTIS規格が制定され、再生骨材の利用拡大可能な条件が整備されてきました。


これらを次回渡航時のセミナー開催により公開する予定でしたが、新型コロナウイルス感染影響により現地渡航が困難な事を考慮し今後は以下の方針で対応する事としました。

1)これまでの現地調査や収集情報から、案件化調査において最低限必要な情報把握ができたと判断され、Webでの公開セミナー開催にて案件化調査を終了する。

2)これまでの調査内容を踏まえ普及・実証事業の公募、申請に向け準備作業に着手する。

この方針に基づき、2021年5月11日にWebセミナー(第2回公開セミナー)を開催し約100名のタイ国参加者には好評を頂きました。